• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

About

青森県指定伝統工芸品「津軽裂織」の新しい出逢い

津軽では裂織を津軽弁で「サクリ」といいます。
北前船の寄港地だった津軽半島では、漁師たちが「さぐり」と呼ばれる、藍色でなめらかな手触りの仕事着を着ていました。
テキスタイルスタジオ村上は、江戸時代から織り継がれてきた津軽裂織を
現代のテイストで織り継ぐサクリの工房です。